植物生理学(長谷研究室)



トップページ 研究内容 業績 メンバー フォトギャラリー 問合わせ
 

  研究室について

  長谷研では一緒に研究を進める仲間を募集しています





詳細は研究内容参照
 大地に根を張り、葉を広げて光合成をする植物にとって、光は生存に不可欠な「資源」であるばかりでなく「情報源」でもあります。植物がその生活のなかで経験する光環境要因には、光の波長、強度、方向、日周(夜と昼)、日長などがあり、植物は、これらを感知する独特の仕組みを発達させてきました。光刺激は、赤色光を吸収するフィトクロムや、青色光を吸収するクリプトクロム、フォトトロピンなどの光受容体タンパク質によって感知され、多段階のシグナル処理過程を経て個体レベルの光応答を引き起こします。本研究室では、植物の光応答のシグナル伝達機構について、分子から細胞、個体レベルの研究を核に、さらには生態や進化の視点も取り入れつつ、総合的な研究を進めています。興味のある方は、気軽に長谷研までご連絡ください。
 

  トピックス

2019/04/04
お知らせ:4月20日(土)に大学院入試説明会を開催します。
2019/03/12-15
第60回 日本植物生理学会(名古屋)に参加し、望月さん、鈴木さん、大月くんが発表しました。
2018/10/05
第14回 京都大学 「植物縦横無尽の会」ワークショップに参加し、鈴木さんと大月くんが発表しました。
2018/08/08-09
第20回 日本光生物学協会年会を京都大学にて開催
2018/05/11
Kimさんの研究「Auxin contributes to the intra-organ regulation of gene expression in response to shade」が雑誌 ”Plant Physiology” に掲載されました。
2018/04/21
大学院入試説明会&オープンラボが開催されました。
オープンラボの様子はフォトギャラリーをご覧ください。
2018/04/02
お知らせ:4月21日(土)に大学院入試説明会を開催します。
2018/03/28-30
植物生理学会(札幌)に参加し、望月さん、大月くんが発表しました
2018/03/26
運天さん、大西くん、入口くんが卒業。
2018/02/07
M2の入口くん、大月くんが修士論文を発表。
2018/01/15-18
長谷教授が組織委員長を務めた国際シンポジウムISPP2018が島根県・松江市にて開催されました。
長谷教授が講演、Sujungさんがポスター発表しました。



Copyright © 2017  植物生理学(長谷研究室) All rights reserved.